長野県駒ヶ根市の不動産・建設会社 小澤建設

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声

小さい頃から

下田様

小さい頃から、マイホームへの憧れが強く自分の家を建てるならこうしたいああしたいと希望がたくさんありました。
そんな私の想いを小澤建設は形にしてくれました。

途中、何度も変更したのに嫌な顔ひとつせず親切に対応してくれました。

 

 

 

 

 


リビングの壁にボルダリングをつけたり、天井に梁を出してそこにハンモックをつけたり、拘ったところはたくさんあります。
とっても住み心地のいいマイホームです。
ありがとうございました。

 

  → すべての写真を見る

様々なアドバイスがもらえた

K様

この壁にはこういう棚を・・・など細かい注文も聞いていただき希望に沿って作っていただけました。見える収納にしたかったのでいろいろなところに作っていただきました。
住宅ローンについて細かいプランのアドバイスをもらえました。
こうしたい!ああしたい!というこちらの希望を聞いてもらい、また、建具など細かいものについてもこういうものがありますなど私たちにはわからない事のアドバイスをいただけてとても有り難かったです。

木の家に住むということ

石原様( 医療法人エバーコンフォート  石原クリニック理事長  医学博士 )

今から61年前、名古屋で産声を上げた私は、中学生になるまで、木造平屋建ての家に住んでいました。柱は丸い天然石の上に乗っているだけで、床下は土のまま、土壁に漆喰の古い家でした。それでも畳と、土壁が断熱材の役割を果たし、子供の頃寒かったという記憶はあまりありません。
中学生になり、木造従来工法の家を建てて住むことになりました。父が昔の人間で、壁は木に限るとこだわっていました。父母と祖父母の部屋は畳、私たちの部屋はフローリングで木とい草の匂いのする家に住むことになりました。大学卒業までその家に住んでいましたが、住むことに何の不自由を感じることはなく、勉強机を壁に向けていても木の壁のお陰か足先は暖かく、受験に集中することができていました。

ところが、就職が決まり、新築のアパートに住み始めたとき、なんとなく違和感がありました。足元は冷たく、壁を触ったところひんやりとします。新建材の匂いも気になります。 暖房を入れると空気も一気に乾燥し、窓は結露します。この頃から何となく風邪をひきやすいと感じるようになりました。
自院を開業した後も、マンションに住むことになりましたが、旅行で泊まる木造旅館のやすらぎが好きで、木の家に住みたいと思うようになりました。
今から約12年前、将来住みたいと思う木の家を建てたいと思い立ち、駒ヶ根の地で、家内と二人で土地探しを始めました。
ある人のご紹介で小澤建設さんと出会い、いくつかの土地を見せていただくうちに、東伊那の丘陵地に中央アルプスが一望できる場所に魅力を感じ、木造住宅を建てていただくことになりました。

自然との調和

 小澤さんとの入念な打ち合わせの中で、①木の香りのする家に住みたい。②年を取っても寒さを感じない、ヒートショックで体調を壊すことがない家にしたい。③自然のぬくもりを感じる家にしたい。④ライフラインが途絶えてもしばらくは大丈夫な家にしたい。など、こだわりの多い注文をさせていただきましたが、快く全ての注文に素晴らしい提案をしてくださいました。

高気密住宅でありながら、壁材はレッドパインの無垢木を用いて、リビングの吹き抜けの一部には珪藻土を用いた壁になっています。既に築12年を過ぎましたが、完成当時と変わらない木の香りが漂い、玄関を開けた瞬間からまずその香りに癒されます。まさに自然の素材が放つマイナスイオンの中に入った感覚です。森林浴にも似た感覚を感じます。

最大の難問であった、温度変化を感じない家については、全館空調システムであるエアフルシステムを提案してくださいました。温度調節だけでなく、家中の空気をフィルターを通して入れ替え、常にきれいな新鮮な空気を維持してくれます。きれいな空気が家中を流れるだけでなく、最後に床下を流れるため、足元は床暖房を入れたようなほんのりとした暖かさを感じます。さらに、このシステムの最大の驚きは、きれいな空気が常に流れているので、床にも家具の上にも全く言って良いほどほこりがたまらないことです。最初は別荘として利用するために、訪れる度に掃除が必要と覚悟していましたが、その心配は無用で、いつ来ても部屋はきれいに保たれています。また、深夜に起きても、廊下もトイレも寒いと感じることなく快適な夜を過ごすことができます。

木の家の効用は、これまでも多くの報告があります。自然の木は新建材等と違い、シックハウス症候群になることがなく、自然の香りが自律神経を整えることも知られています。また、木目の美しさは、住む人の眼を休める効果があります。また、木の家でぐっすり眠れることは以前より多くの報告がなされています。木の壁や床は、寒い室内で触ってみても、冷たさを感じることがありません。自然の木は呼吸をしています。湿度が高いと木が吸収してくれます。湿度が低いと木がため込んだ湿気を放出してくれます。熱いときは木が暑さを吸収してくれます。寒いときは自然の断熱材として暖かさを保持してくれます。

結露によるカビは健康にとても悪いことが知られています。しかし、木の家はこれまで述べたように、湿度を自然に調節してくれるお陰で、壁やフローリングが結露したりカビが生えたりすることはありません。まさに健康ハウスであり、木のぬくもりを感じながら、自然と調和した暮らしが実現します。

ライフラインの確保

大昔は井戸水や河の清流を利用し、火を利用して調理をしたり、暖を取ったりしていました。つまり、大昔の人はライフラインが途絶えても生活できていました。ところが現代人は、災害や事故で電気、ガス、水道のいずれが止まっても暮らすことができません。

町から離れた丘陵地という事情もあり、いくつかの工夫をしていただきました。水については元々供給量が少ないことから、高層マンションのような貯水タンクを置き、モーターを使って蛇口から勢いよく水が出るようにしていただきました。タンクの大きさは、数人が2週間以上飲み水や排泄の水に困らない程のものを置いていただきました。

電気はその当時としては早い太陽光発電を利用することになりました。停電時も大容量でなければ電気の供給をしてくれます。今の時代は、電気自動車やハイブリッドカーの電源が夜間の電気を供給してくれます。

ガスのタンクは大きめのものを設置していただき、しばらくの間、給湯や調理が可能となりました。

大災害の直接被害に遭わなければ、いきなり暮らしに困ることはない設備をつくっていただきました。

 木の美しさ

木の家の素晴らしい所は、飽きの来ない美しさです。既に12年の月日を経過して、壁の無垢木はよりぬくもりを感じる色に変化しつつあります。木目はもちろん自然のランダムパターンであるため、眼を癒す効果があり疲れを感じません。さらに、ランダムな木目は、部屋の立体感や奥行きを感じさせてくれます。全ての部屋、廊下の壁に同じ木を使っているにもかかわらず、不思議なことにまるで違う部屋の様に感じます。

健康的に暮らす

太古の昔から人は、住まいの材料として木を利用してきました。それは家づくりに向いているとか加工がしやすいと言うことだけでなく、昔の人たちは木の家が健康に良いことを知っていたからでしょう。

木は切られても生きています。多くの木の成分をゆっくりと放出し、たくさんの空気を含み、外の環境に合わせて呼吸をしています。京都奈良の木造建築からわかるように、うまく利用すれば、とても長く住むことができます。

木のぬくもり、美しさを感じながら自然と調和して、健康的に暮らすことを多くの方に感じていただきたいと思います。

親子の思いを詰め込んだ夢と希望いっぱいのマイホーム。

O様

憧れのフレンチシャビー、大好きな和、夢のロフト、ペットの部屋、設計から建具、サッシ、床材、壁紙、カーテンと様々なところを試行錯誤して決めていきました。

 

 

 

 

床材は裸足で歩くととても気持ちよくとても感動しています!どうしても取り入れたかった全館空調についても限られた費用の中で一緒に考えていただき担当の方にも大変感謝しております。

子供たちも大変喜びこれからの毎日が今まで以上に充実しそうで楽しみです。

 

 

→ 全て写真を見る

私の理想をしっかり聞いてくれて、それを図面にしてくれた

池上様

いろんなハウスメーカーさんに行きましたが私の理想をしっかり聞いてくれてそれを図面にしてくれたのが小澤建設の下田さんでした。それから何度も相談に乗ってくれて「ここはこう変えたい、やっぱりこうしたい」とリクエストした所もたくさん対応してくれました。いろんな希望を詰め込んだけどとってもオシャレで住みやすい家を建てることが出来ました。

 

 

遊び心で作りたかった隠し扉もリクエストしてみたら、すごく素敵に作ってくれました。シアタールーム作りたいという旦那のリクエストも叶えてあげることができました!スクリーンなどの取り付けなど丁寧にしてくれました。とても嬉しかったです。

 

 

 

引っ越し業者さんが来た時に傷のチェックとかをしてくれたのですが、私の家を見た時、「すごく丁寧な仕事をしてくれる会社なんですね。こんな綺麗な家はあんまりないですよ!」と褒めてくれました。小澤建設さんにお願いしてよかったと思いました!
こんなステキな家に住むことが出来て本当に感謝しています。ありがとうございました。

池上 伊吹
池上 春音

 → すべての写真を見る

お気軽にご相談ください TEL 0265-82-2171 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お客様の声

PAGETOP
Copyright © 小澤建設株式会社不動産部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.